Home > 福井に強い不動産情報 > なぜ最近の福井市は不動産査定の件数が増えているか

なぜ最近の福井市は不動産査定の件数が増えているか

福井市では、ここ最近は不動産査定が行われる件数も増えてきています。
従来でも、それなりに査定の依頼が発生する事はありました。
しかしここ最近になってから、発生件数も徐々に増加傾向にあります。
それは、この市の大きな特徴の1つです。
周辺の市と比べても、かなり査定の件数が増えているからです。
なぜこの地域では査定が行われる事も多いかと言うと、新しい住宅の増加が挙げられます。
そもそも福井地域では、新築物件の数も徐々に増えています。
それで新築住宅が増加すると、買い替えも検討される訳です。
住宅の買い替えを希望するなら、今まで保有していた物件は売却する必要があります。
ここ数年の間で、物件の買い替えを検討する方々も増えてきている訳です。
ですからこの市では、不動産査定が行われる件数も、昨今では増えてきている訳です。



福井市で不動産査定の価格が高くなる2つの理由

福井市の不動産査定には、価格に大きな特徴があります。
他地域と比べても、比較的価格は高くなりやすいからです。
このエリアにて価格が高くなりやすいのは、複数の理由があります。
まず1点目は、不動産会社の数です。
他の地域と比べて不動産会社の数が多いですから、相見積もりも行いやすい傾向があります。
そして多くの会社を比較してみれば、高い会社が見つかる確率も高くなる傾向はあります。
ですからこの市では、高額売却も成立しやすい訳です。
その他にも、広告費用にも理由があります。
と言うのも、この市にある不動産会社はあまり広告費用をかけていません。
不動産会社によっては、広告費用をほぼゼロに抑えている事さえあります。
それで広告費用を抑えた分は、売却者に対する査定価格にも反映できる訳です。
つまり会社数と広告費用という2点が、福井市で売却価格が高くなりやすい主な理由になります。



福井市で不動産査定の価格が高い理由と日当たり

物件の価値は、日当たりに大きく左右される傾向があります。
少なくとも、それは居住の快適性には関わってくるからです。
一般的には、南向きの物件は高く評価される傾向があります。
少なくとも北向きの物件と比べると、日当たりも良いからです。
南向きでしたら夏は気温も高くはなりづらいですし、冬も比較的快適に過ごせる傾向はあります。
ところで日当たりは、不動産査定の価格にも関わってきます。
やはり査定価格は、居住性と密接な関連性があるからです。
快適に過ごせる物件でしたら、それなりに価格も高まりやすいです。
それで福井市にある物件の場合は、総じて南向きが目立ちます。
周辺の他の市と比べても、総じて日当たりが良い物件が多いです。
日当たりが快適ならば、それだけ物件の売却価格も高くなりやすいですから、福井市では高額売却が成立する事も珍しくありません。

次の記事へ

PAGE TOP